ダメ!ゼッタイ!完璧主義

完璧主義マジあかんです。

こいつは諸悪の根源です。

物事がうまくいっていない人の、うまくいかない理由トップ3には必ずランクインしてきます。

 

ちなみに僕もかつては完璧主義教に足を染めていましたが現在はおおかた離脱できています。

 

完璧主義がアカン理由は腐るほどあるのですが、僕が思う代表的なやつを3つほど挙げてみます。

 

  1. 時間感覚がアカン
  2. アウトプットが少ない
  3. 物事に優先順位をつけられない

 

順番に見ていきましょう。

 

時間感覚がアカン

完璧主義者は時間感覚がイケてないです。

どういうことか。

まず完璧主義者はその名の通り完璧を求めます。

物事の完成度を限りなく100%に近づけようとします。

するとどうなるか。

当然ですが時間がかかります。

なので完璧主義者は「物事を為すには時間がかかる」と思っています。

するとどうなるか。

例えばここで20分という時間がふいに手に入ったとしましょう。

あなたは20分という時間は長いと感じますか? 短いと感じますか?

完璧主義者はどう考えるか。

「20分なんかでは何もできない」と考えてしまうのです。

そして何かを行なって中途半端な出来になるくらいならやらない方がマシ、という思考になり、何もやらないかもしくはテレビみたりネットサーフィンしたりと無駄な時間をダラダラと過ごしてしまうのです。

しかしちょっと待ってください。

20分って何かを為すにはけっこう大きな時間です。

けっこういろんなことできます。

仕事だったらメールを10通は返信できるし、プレゼン資料のスライドも2〜3枚は作れます。

家事だったら一家4人分の皿洗いと洗濯物たたんでタンスにしまうところまで可能です。

もちろん人それぞれ処理スピードに差はあると思いますが、20分でも何かをなすことは十分に可能です。

突き詰めれば、これが10分や5分でも何かをなすことは可能です。

僕も以前、新しい分野の勉強をしていた時、5分あればすかさず勉強していました。幸い今はスマホという神アイテムがあるのでいつでもどこでも勉強が可能なのです。

しかも時間が短いと集中力が鬼高まります。なので変に1時間とかたっぷりの時間があるときよりも、20分とかの方が以外に質の高いものができたりもします。

というわけで完璧主義者はちょっとした時間を有効活用することができず、物事が全然処理できずに抱え込んでしまう傾向があるのです。

 

アウトプットが少ない

完璧主義の人は極端にアウトプットが少ないです。

そして完成度を高めようとしてインプット過多であることがほとんどです。

例えばプレゼン資料。

完成度を高めようとするあまり締め切り近くになってもまだ情報収集に明け暮れて、全然仮提出もできない。

物事はある程度まで完成させたら一度外に放り出してみて(アウトプットして)周りの反応、評価にさらしてしまった方がよほど良い情報を得られます。

いわゆるフィードバックというやつですね。

フィードバックを得てしまった方が、客観的で有益な情報を得ることになり、結果、スピードも速く、内容も良いものが出来上がるのです。

 

また相手に何かを伝えたいと思うとき。夫婦間、友人間などにおいて。

まだ自分の中で考えがまとまっていないから話すのはやめておこう、と思うときがあると思います。

しかしこの時も完璧主義を発動させずに、とりあえず話し始めてみるのです。

すると話しているうちに脳が活性化して考えがまとまったり、相手との会話の中で新たな考えが浮かんだりと意外とメリットが多いのです。

 

物事に優先順位をつけられない

これは完璧主義の人にとっては当然の末路です。

なぜなら彼らにとって全ての物事は完璧に仕上げる対象だからです。

全てが優先順位の上位なのです。

しかし子どもの時と違い、大人になった我々はやるべきことがアホほどあります。

そして一日は24時間しかありません。

全ての物事に完成度を求めていては当然24時間では全くもって足りません。

今の自分にとって最重要事項は何かということを冷静に考え、何をやって何をやらないかということを取捨選択していかねばなりません。

この世はトレードオフです。

何かを手に入れるということは、何かを捨てる、失うということです。

僕も以前は全てのこと、ものを手に入れようとしていました。

このトレードオフが全く受け入れられなかったのです。

しかし悟りました。

そんなことをしていては何事も成しえないと。

時間が足りなさ過ぎと。

 

世の中の成功者たちは例外なく捨てています。

彼らは一般の人々がやっていることをやっていません。

その辺は捨てているのです。

一般の人々が大事にしていることを捨てることによって生まれた時間を使って、より重要な物事を遂行しているのです。

だから一般の人々が行けないレベルに行けているのです。

 

 

とまぁそんなこんなで今回は完璧主義、ええことないよ。というお話でした。

完璧主義教をいち早く離脱し、時間を獲得し、自分の人生においてより重要な物事に自分の命を投資していこうじゃありませんか。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です